• 当院の特徴
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 小児歯科
    • 審美・ホワイトニング
    • 矯正治療
    • インプラント・入れ歯
    • 予防
  • 院長紹介
  • 院内紹介
  • 求人情報
  • アクセス
痛い・しみる~虫歯治療~

歯が痛い・しみる症状が出る「むし歯はしっかり治療、そしてメインテナンスを

歯の表面がなんだか黒ずんで見える……
冷たいもの・甘いものを口にすると歯がしみる……
何もしていないのに歯が痛い……

このような自覚症状はむし歯の代表的なもの。もし、こういった異変を感じたなら、むし歯が進行している可能性があります。ごく初期のむし歯を除き、放っておいても自然に治ることはありません。岡山県津山市の歯医者「北歯科医院」では、できるだけ歯を削らない治療、予防につながるメインテナンスをご提案しています。

また、当院は親知らずの抜歯や、外傷や口内炎などの治療を行う口腔外科にも対応しています。口腔内外のトラブル全般に対応した診療項目ですので、何か異変を感じたら、いつでもご相談ください。

むし歯の4つの原因

次の4つの要因が重なった時に、むし歯は発症・進行します。

むし歯菌
むし歯は、プラーク(歯垢)に潜む細菌が原因の感染症です。代表的なむし歯菌には「ミュータンス菌」などがあります。

糖分
食後のお口に糖分があると、むし歯菌がそれをエサに「酸」を出します。「酸」で歯質が溶かされるのが、むし歯なのです。

時間
むし歯菌が活発化するのは、食後30分くらいから。むし歯菌が活発化するまでに、ブラッシングで糖分を取り除くことが重要です。

歯質・唾液の質
歯質や唾液の質には個人差があり、むし歯菌への抵抗力が弱いと、しっかりブラッシングしていてもむし歯になりやすいケースがあります。

むし歯の進行段階と治療法

むし歯の進行段階 状態・症状 治療法

[C0]初期のむし歯

歯の表面にあるエナメル質が「酸」によってわずかに溶かされ、白濁して見えます。痛みやしみるといった症状はまだありません。 この段階なら、ブラッシングによるプラークコントロールや、フッ素塗布による再石灰化の促進で治癒が期待できます。

[C1]エナメル質のむし歯

歯の表面のエナメル質が溶かされています。歯が黒や茶色にくすんで見えます。冷たいものを口にするとしみることがあります。 むし歯に冒されている部分を削る処置が必要です。削った部分は、歯科用プラスチック(レジン)で補います。

[C2]象牙質のむし歯

エナメル質よりも内側にある象牙質まで溶かされている状態です。冷たいものだけでなく、甘いものを口にしてもしみたり痛みを感じたりします。 C1同様に、むし歯に冒された部分を削る処置を行います。削った大きさに合わせて、インレー(詰め物)で歯質を補います。

[C3]神経のむし歯

歯の内部にある歯髄(神経や血管の集まり)までむし歯が達した状態。何もしていなくても、歯にズキズキと痛みが走ります。 ここまでむし歯が進行すると、歯髄を取り除く「根管治療」が必要となります。根管治療後はクラウン(被せ物)で歯質を補います。

[C4]歯根のむし歯

歯ぐきから上に見える歯冠部がほとんど溶け、歯の根までむし歯に冒されています。神経が死んで痛みは感じませんが、内部に膿が溜まると激しい痛みをともないます。 根管治療ができない状態まで進行すると、抜歯が必要です。抜歯後は、インプラントや入れ歯などの補綴(ほてつ)治療で歯の機能回復を行います。

むし歯でないなら知覚過敏かも?

むし歯ではなさそうなのに歯がしみる場合は、知覚過敏の可能性があります。知覚過敏は、歯の表面のエナメル質が薄くなって象牙質が露出し、象牙細管から刺激が伝わりやすくなっている状態です。知覚過敏が起こる原因は、歯周病による歯ぐきの後退、強い咬み締めなどによるエナメル質の物理的損傷などが考えられます。むし歯同様に歯質は自然回復しないため、歯科医院で適切な処置を受ける必要があります。歯にしみる症状が出たなら、お早めに当院へご相談ください。

根管治療とは

根管治療は歯の内部を通る神経や血管の集まり「歯髄(しずい)」を取り除くため、「神経をとる」治療などとも呼ばれます。歯髄までむし歯に汚染されている場合に行います。根管治療によって抜歯を避け、歯の根っこを残すことが可能となるのです。

根管治療の種類

根管治療には次の3つの種類があります。

抜髄(ばつずい)治療 感染根管治療 外科的根管治療
根管=歯の内部からむし歯に汚染された歯質・歯髄をきれいに取り除き、消毒・殺菌したのち、薬剤を詰めて被せ物を装着します。 歯の根っこの先で炎症を起こしていたり、根尖病巣を引き起こしたり場合に行う、根管治療の再治療です。 感染根管治療を行っても、根尖病床が治まらない、小さくならない場合に行う治療です。外科的手術で根尖病巣を1つずつ取り除きます。

根管治療は初回で成功させなければ、歯の根に膿が溜まる根尖病巣(こんせんびょうそう)を引き起こし、再治療が必要となります。根管治療の再治療は成功率が著しく低下するというデータがあり、初回にしっかりと精密な治療を行うことが重要です。当院では、精密な根管治療を行うために、患部を拡大して見ることができるマイクロルーペを使った治療を行っています。

Kita Dental Clinic One Point Advice

院長のワンポイントアドバイス

実は甘いものを食べることが虫歯の原因ではありません。予防先進国のスウェーデンでは日本よりはるかに多くの砂糖が消費されています。ではなぜ日本はむし歯が多いのでしょう?実は砂糖の量よりも回数が問題なのです。「だらだら食い」がもっともむし歯になりやすいのです。正しい食習慣を身につけましょう。

また、歯医者は「悪い歯を治すところというイメージがあるかもしれませんが、これからはお口の病気を未然に防ぐ「予防のために通うところ」だと考えるようにしましょう。当院では、悪いところがなくても、お口のチェックやケアを受ける定期検診をご提案しています。ぜひ積極的にご利用ください。

むし歯はしっかり予防できる病気ですむし歯になりたくない~予防歯科~

このページの先頭へ

北歯科医院

  • 車でお越しの方へ ※駐車場は12台分あります。出雲街道の久米郵便局交差点の北側の橋を越えて右手に当院があります。
  • 電車・バスでお越しの方へ 美作千代駅より川沿いにnishiへ徒歩10分です。

診療時間