• 当院の特徴
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 小児歯科
    • 審美・ホワイトニング
    • 矯正治療
    • インプラント・入れ歯
    • 予防
  • 院長紹介
  • 院内紹介
  • 求人情報
  • アクセス
歯ぐきから出血した~歯周病~

歯ぐきからの出血は歯周病のサイン。歯を失ってしまう前に治療とコントロールを

ブラッシング時に歯ぐきから血が出る
疲れると歯ぐきが赤く腫れることがよくある
歯が浮いたような感じになる
歯がグラグラしている
周囲から口臭を指摘される

このような症状があるなら、歯周病を発症している可能性が高いといえます。歯周病は日本人が歯を失う一番の原因であり、成人の約8割が歯周病にかかっているとされています。かなり重度になるまで自覚症状がないため、気がついたときには大がかりな治療が必要になるというケースが珍しくありません。気になる症状があるなら、お早めに岡山県津山市の歯医者「北歯科医院」へご相談ください。

歯周病とは

永久歯の抜歯原因

歯周病は、かつては歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていたお口の病気。現在は、軽度の歯肉炎から総称して「歯周病」と呼ばれています。むし歯と同じくプラーク(歯垢)内に生息する細菌が原因の感染症。はじめのうちは、歯ぐきに炎症を起こす程度ですが、最終的に歯を支える顎の骨(歯槽骨:しそうこつ)を減少させ、歯が抜け落ちてしまいます。免疫力との関連が高いため、30代以降の方には特に注意していただきたいお口の病気です。

歯周病の進行段階

歯周病になると、次のような症状が起こり、段階に応じた適切な治療を行う必要があります。
歯周病の進行段階は、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを目安にします。

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯ぐきに赤く腫れが生じています。歯ぐきを押すと出血することもあります。 歯ぐきが下がり、歯が長くなったように見えます。出血や腫れがひどくなります。 歯槽骨が半部ほど溶かされ、歯がグラつきます。歯ぐきから膿が出ることがあり、口臭もきつくなっています。 痛みや口臭がひどくなっています。歯槽骨は3分の2ほど溶かされ、歯がポロッと抜け落ちることがあります。
[歯周ポケットの深さ]
3mm程度
[歯周ポケットの深さ]
4mm程度
[歯周ポケットの深さ]
6mm程度
[歯周ポケットの深さ]
8mm程度

歯周病の影響は全身疾患につながります

歯周病はお口の中だけのトラブルに留まらないことが、近年の研究によってわかってきています。口腔粘膜や気管から体内へ入り込むことで、命に関わるような重篤な全身疾患を引き起こすのです。糖尿病とは相互に症状を悪化させることが知られています。また、血管内で血栓を作る性質から、心疾患や脳血管障害などの原因の一つとして注視されています。さらに、高齢者の誤嚥性肺炎、妊婦の早産・低体重児出産の原因にも歯周病の関与があるため、十分な注意が促されています。

北歯科医院の歯周病検査

歯周ポケット検査

歯周病の進行度合いの指標となる、歯周ポケットの深さを測ります。「プローブ」という器具で測定します。

歯の動揺度テスト

歯周病が起こっている部位の歯をピンセットなどでつまみ、前後左右上下の動揺度を確認します。

レントゲン検査

歯槽骨が溶かされている度合いを確認するため、低被ばくのレントゲンを撮影し、骨の状態を確認します。

CT検査

重度の歯周病の場合は、手術を行います。手術する際に、CTで骨の形態を確認します。

北歯科医院の歯周病治療

歯周病治療の基本はプラークコントロールです。具体的には、スケーリングやルートプレーニングといった歯石除去を行った後、ブラッシング指導やPMTCを継続し、歯周病菌をお口の中から減らし症状を緩和させていくのです。それでも追いつかないほど、歯周病が進行している場合には、次のような処置を行います。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

局所麻酔を行い、歯周ポケット内部に溜まった歯石やプラークを取り除きます。必要に応じて、歯周病に冒された歯肉を切除します。

フラップ手術

広範囲に歯周病が進行している重度歯周病に行います。局所麻酔後、歯肉を切開し、歯周ポケット奥深くに付着した歯石やプラーク、感染している歯肉を取り除きます。

再生治療

歯槽骨が溶かされている場合、骨の再生治療を行います。このとき、早く再生が進む歯肉が骨の再生を阻害するのを防ぐため、特殊な膜やゲルを使って侵入を防ぎながら再生を促します。再生治療には、GTR法(組織再生誘導法)やエムドゲイン法(歯周組織再生療法)といった方法があります。

Kita Dental Clinic One Point Advice

院長のワンポイントアドバイス

歯周病の治療は、プラークコントロールで気長にコツコツと行う必要があります。予防と同様に、ブラッシングなどのセルフケアと歯科医院でのプロケアを併用し、口腔内環境をより良い状態に維持するのです。そこで重要になってくるのが、患者様自身で行うブラッシング。「歯を磨いている」方は多いのですが、毎日のことだけに「きちんと磨けている」方が少ないのです。優秀なプロスポーツ選手には必ずコーチが付いており、定期的にフォームなど客観的にチェックしています。当院では、患者様に専任の歯科衛生士が付きます。ぜひとも、マイコーチならぬ、マイ衛生士とともに健康なお口を維持していきましょう!

予防歯科のプラークコントロールで歯周病を未然に防ぎましょうむし歯になりたくない~予防歯科~

このページの先頭へ

北歯科医院

  • 車でお越しの方へ ※駐車場は12台分あります。出雲街道の久米郵便局交差点の北側の橋を越えて右手に当院があります。
  • 電車・バスでお越しの方へ 美作千代駅より川沿いにnishiへ徒歩10分です。

診療時間