• 当院の特徴
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 小児歯科
    • 審美・ホワイトニング
    • 矯正治療
    • インプラント・入れ歯
    • 予防
  • 院長紹介
  • 院内紹介
  • 求人情報
  • アクセス
歯を残せるかもしれません!

抜歯せず歯を残す「歯科保存治療」をご存知ですか?

岡山県津山市の歯医者「北歯科医院」の院長 大前正範は、
特定非営利活動法人「日本歯科保存学会」が
認定する歯科保存治療の専門医です。

歯科保存に関するさまざまな症例を経験し、また現在も患者様の歯を1本でも多く残すことに尽力しています。そのままにすると失ってしまうかもしれないお口のトラブルに、適切に対処できる技能と知識を持つ当院院長から、歯科保存治療のご提案があります。

歯科保存治療とは

歯科保存治療とは、できるだけお口の中に天然歯を残し、使える状態で保存・維持することを目的としています。「日本歯科保存学会」は、歯科の主要な治療である、保存修復・歯内療法・歯周療法の3つの分野に長じた歯科医師・研究者の集まった組織。各治療技術を発展させる研究を進めると同時に、包括的歯科医療を推進するための活動を行っています。

保存修復とは

むし歯や外傷などで損なわれた歯質を、合成樹脂(歯科用プラスチック=レジン)や金属、セラミックなどの代替材料を活用して歯の機能を回復させるのが「保存修復」です。むし歯治療のみならず、審美的な歯科技工物(詰め物・被せ物)を使った修復、歯を削らずに白くする漂白技術(ホワイトニング)などにも対応しています。

歯内療法とは

文字通り、歯の内部のトラブルに対応する治療法です。多くは、進行したむし歯に行う根管治療を指します。抜髄・感染根管治療・外科的治療の他にも、外傷・破折した患部への再植も手がけます。精密さが求められる歯内療法において、確実な治療成果が得られるための技術活用や、最新設備を応用した治療が積極的に行われています。

歯周療法とは

世界の多くの人が歯を失ってしまう原因は歯周病です。また、日本人が歯周病で歯を失う確率はむし歯よりも高いというデータもあります。歯周療法は、歯周病治療の基本であるプラークコントロールはじめ、歯石除去、外科的治療などを行います。場合によっては、損なわれた歯槽骨や歯周組織を再生するための高度治療を行うこともあります。

Kita Dental Clinic One Point Advice

院長のワンポイントアドバイス

歯科で行う治療のほとんどは、上記でご説明した「歯科保存治療」です。歯科保存治療では、安易に抜歯を勧めません。できるかぎり健康な歯を残せるよう、歯科保存の技術を駆使した治療をご提案します。良い歯で良い健康を実現するためには、歯科保存治療の基本を踏まえ、対症療法に留まらない根本治療を行う必要があります。当院では、ひとつの症状だけを診るのではなく、潜在的な問題の解決につながる包括的診療をご提案しています。

お口の健康をキープするために予防がもっとも重要ですむし歯になりたくない~予防歯科~

このページの先頭へ

北歯科医院

  • 車でお越しの方へ ※駐車場は12台分あります。出雲街道の久米郵便局交差点の北側の橋を越えて右手に当院があります。
  • 電車・バスでお越しの方へ 美作千代駅より川沿いにnishiへ徒歩10分です。

診療時間