医院ブログ

キービジュアル

タイトル

矯正治療の後戻りにインビザラインGOは?

2020年01月6日

インビザラインGOは矯正治療の後戻りにはどれだけ対応できるか?

 

矯正治療後には必ず保定が必要です。
保定とは矯正で動いた歯が元の位置に戻らないように固定することです。

 

保定装置(リテーナー)には様々な種類があります。
また、補綴装置(クラウンを被せて連結する)で永久保定する場合もあります。

 

それでは保定をしなかった場合はどうなるでしょう?

 

残念ながら、せっかく動いた歯が元の位置に戻ろうと動いてしまいます。
矯正治療後、保定をしっかりとしなかったために再度の矯正治療が必要になるケースは往々にしてみられます。

また、保定をしていても徐々に歯が動いてくることもあります。

 

矯正大国のアメリカでは矯正治療をされる方は一生のうちに2~3回の矯正治療を受けるそうです。
矯正をして、後戻りして、また矯正をしてを繰り替えすわけです。

 

特に初回にワイヤー矯正をされ方は2回目以降の矯正治療はマウスピース矯正を選択することが多いそうです。

 

矯正の後戻りケースにインビザラインGOは有効です。

 

実際のクリンチェックを見てみましょう。

 

 

 

このケースの患者さんは幼少時に矯正治療を受けておられましたが、保定をしていなかったため後戻りしてしまったケースです。

 

以前に矯正治療をされておられますので、アーチレングスディスクレパンシー(顎の大きさと歯の幅の不一致)がありません。

 

そのため、今回のインビザラインGOでの矯正治療計画ではIPR(歯と歯の間を削る処置)は不要となっています。

 

このケースでは下顎の側切歯(前から2本目)が捻転しているためマウスピース矯正の期間は長めになっています。

 

それでも20ステージで20~40週間ほどで矯正治療が終わります。
矯正治療の後戻りにインビザラインGOは有効です。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。

電話番号

〒709-4603 岡山県津山市中北下1269-9
GoogleMapで確認

  • 24時間web予約
  • 矯正相談予約
  • facebook
  • insta

このページの先頭に戻る