医院ブログ|北歯科医院|津山市

キービジュアル

タイトル

インビザラインとインビザラインGO

2019年11月23日

インビザラインとインビザラインGO

 

今回はインビザラインとインビザラインGOの違いについて解説します。

どちらも米国Align社が提供しているサービスです。

 

 

当院のマウスピース矯正のページはこちらです。

 

マウスピース矯正

 

インビザライン

インビザラインは1999年からアメリカでサービスが開始されたマウスピース矯正システムです。

現在までで約800万症例ほどの実績があるシステムです。

特徴としては大臼歯(奥歯)を含めてすべての歯を動かすことが可能です。

そのため、幅広いケースに対応ができるシステムです。

奥歯を動かすことができるということはそれだけ治療計画も複雑かつ高度になります。

また、治療費や矯正期間も従来のワイヤー矯正と同等かそれ以上となることも多くなります。

つまり、インビザラインは矯正治療に詳しい(矯正治療専門)の歯科医師向けのシステムと言えます。

 

インビザラインの派生システムとして

インビザラインライトパッケージ

インビザラインエクスプレスパッケージ

などがあり、軽度の症例に対応したプランもあります。

 

 

インビザラインGO

インビザラインGOはインビザラインのシステムはそのままに大臼歯を動かさず、

前歯のみ歯列矯正に特化したシステムとして開発されました。

大臼歯を動かさないため、対応できる症例は限られます。

また、矯正期間が20ステージまでに制限されています。

そのため、治療費や矯正期間が短くなるという特徴があります。

 

インビザラインとインビザラインGOの違いは

「大臼歯」を動かすか動かさないか?

ということです。

 

大臼歯はその名の通り、臼の形をしていて摂取した食物をすりつぶして飲み込みやすくする役目があります。

また、大臼歯には根が3~4本あり噛み合わせを支える役割もあります。

さらに大臼歯の位置により前歯が並ぶスペースが決定されるので、大臼歯の位置は前歯の歯並びにも影響します。

 

つまり大臼歯の位置が変わるということは、

噛み合わせの支え方や前歯の歯並びも変わってしまうということです。

 

大臼歯を動かして矯正治療を行うには矯正治療に関してより専門的な知識と技術が必要となります。また、状況によりワイヤー矯正などを組み合わせて矯正治療を行うケースもあります。そのため、矯正期間が長く治療費も高くなりがちです。

インビザラインは矯正治療を専門にしている歯科医師向けのシステムであり、症例としては難症例を含めた多くのケースで対応可能です。

 

一方、インビザラインGOは大臼歯を動かしません。そのため、噛み合わせの基準を変えずに矯正治療を行います。大臼歯を動かさないことで矯正治療もシンプルとなり、インビザラインに比べ治療期間が短く、治療費も抑えることができます。

インビザラインGOは一般歯科向けの矯正システムであり、症例としては軽度から中程度までの対応となります。

 

まとめると

 

軽度~中度の歯列不正の矯正治療

インビザラインGOでの矯正治療がお勧め

理由:矯正期間が短く、治療費が安い

 

中度~重度の歯列不正の矯正治療

インビザラインでの矯正治療がお勧め

理由:インビザラインGOでは対応できないため

 

いずれにしてもiTeroという口腔内スキャナーを用いて術後の簡易シミュレーションを行うことが可能です。

しっかりと担当医と相談して治療計画を立案していきましょう。

 

当院のマウスピース矯正の料金などはこちらをご参照下さい。

 

マウスピース矯正

 

 

「無料」矯正オンライン相談へのご案内

矯正治療に関する無料オンライン相談を設けています。治療の強要などは致しませんので安心してご相談ください。

電話番号

〒709-4603 岡山県津山市中北下1269-9
GoogleMapで確認

  • 24時間web予約
  • 矯正相談予約
  • facebook
  • insta

このページの先頭に戻る