医院ブログ|北歯科医院|津山市

キービジュアル

タイトル

CAD/CAM冠とは? その①CAD編

2020年04月23日

CAD/CAM冠とは?

その①CAD編

 

先日のブログでCAD/CAM冠について簡単にご紹介させていただきました。

 

CADとはComputer-Aided Design の頭文字をとったものです。
コンピュータ(ソフト)支援設計とも訳されます。コンピュータ(ソフト)を用いて設計をしたり、
コンピュータ(ソフト)による設計支援ツールのことを指します。

 

歯科で用いられる間接法の修復物は模型上で手作りで設計されます。

 

まず、印象

材で歯型を採ります。
採った歯型に石膏を流し、模型を作成します。

 

模型を咬合器という人工的に噛み合わせを再現する器具に取り付けます。

 

こうすることで、人工的に歯と噛み合わせを再現することができます。

 

この上で、ワックスを用いて歯科技工士が修復物を作成していきます。
ワックスを盛り足したり、削ったりしながら歯の形や調整します。

 

どれだけの高さで噛み合わせを再現するか、隣の歯との接触の仕方は?
これらを0.1mm以下の精度で調整していきます。

 

そのためワックスアップには歯科技工士の高い技術と経験が必要になります。

 

このワックスアップをコンピューターで行うのがCADです。

 

コンピューターで歯の設計をするため歯の形をコンピューターに取り組む必要があります。
この作業には主に光学印象機器(スキャナー)が使用されます。

 

光学印象とは従来の印象材による型取りではなく、特殊なカメラで歯を撮影して歯の形をコンピューターに取り込みます。
取り込んだデータからコンピューター上で3Dモデルを構築します。

 

こちらは形成した歯の型取りのスキャン動画です。

 

 

こちらは対合歯(噛み合う歯)と噛み合わせのスキャン動画です。

 

これが、従来の石膏模型と同じ役割を担います。

 

作成された3Dモデル上で、修復物の設計をします。
設計するソフトの支援により、わずか数分で修復物の設計が自動的に行われます。

 

こちらはCAD3Dモデルのトリミングとマージン設定の動画です。

 

こちらはクラウンの設計の動画です。

 

 

あらかじめパラメーターを設定することで、対合歯(噛み合う歯)と噛み合う力や、隣の歯との接触する程度を自動的に再現できます。
そのため、技術や経験が不要で熟練の歯科技工士を同等の設計をCADで行うことができます。

 

さらに、CADによる設計は従来の石膏模型よりも有利な点があります。

 

石膏模型で修復物を作成する場合、

・歯型を採る
・石膏模型を製作する
・咬合器に石膏模型を装着する

という作業が必要です。

 

これらの作業全てでずれが生じていきます。

 

まず、歯型を採るときには印象材が微妙に収縮します。。
そして、歯型に石膏を流して固めて模型を作成しますが、石膏は固まる時に少し膨張します。
咬合器に石膏模型を装着するときに石膏が微妙に膨張します。

 

これらのずれをうまく歯科技工士が調整して修復物を仕上げています。

 

ところが、光学印象によるCADによる設計はこれらのずれが生じません。
そのため、ずれの少ない精密な修復物を設計することができます。

「無料」矯正オンライン相談へのご案内

矯正治療に関する無料オンライン相談を設けています。治療の強要などは致しませんので安心してご相談ください。

電話番号

〒709-4603 岡山県津山市中北下1269-9
GoogleMapで確認

  • 24時間web予約
  • 矯正相談予約
  • facebook
  • insta

このページの先頭に戻る