医院ブログ|北歯科医院|津山市

キービジュアル

タイトル

保険で白い歯はできる?

2020年03月30日

保険で白い歯はできる?

 

最近では健康保険でも白い歯で治療できるケースが増えてきました。

今回はそれらについて解説します。

 

原則として健康保険は療養に対する給付なので、審美目的では健康保険は適応できません。

 

 

健康保険適応で白い材料での修復方法は2種類に分けられます。

 

直接法

 

直接法とはその名の通り、直接材料を詰めて治療する方法です。

また、むし歯を削った穴(窩洞)に材料を詰めていくので充填と呼ぶこともあります。

直接法では主に以下の2種類の方法があります。

 

・コンポジットレジン充填

・セメント充填

 

コンポジットレジン充填とは

むし歯を除去してできた穴にコンポジットレジン(CR)を詰めて修復する方法です。

直接法での治療はCRを用いることが多く、直接法=CR充填といっても過言ではありません。

 

コンポジットレジンは無機質からなるフィラーとマトリックスレジンで構成されています。

セラミックの粉末(フィラー)につなぎとして樹脂(マトリックスレジン)を混ぜ、

ペースト状にしているとイメージして頂ければわかりやすいと思います。

青い光を当てると固まるように設計されており、歯科用プラスチックと表現されることもあります。

 

コンポジットレジンの特徴としては

 

長所として

 

成形材料(プラスチック)なので、形が自由に作れる

色が白い

そこそこ強度がある

 

ということがあげられます。

コンポジットレジンには強度を上げるためフィラーが混ぜられています。

重量比で約70%ほどがフィラーなので、セラミックほどではありませんがそこそこ高い強度があります。

歯の色に合わせて多くの色調のペーストが用意されています。

 

 

そのため、前歯のむし歯や奥歯の小さなむし歯の治療によく使われます。

 

一方で欠点として

 

奥歯の強い力には耐えらない

変色する

治療手順が煩雑でテクニックセンシティブ

ということがあげられます。

 

コンポジットレジンは強度を上げるためのフィラーとマトリックスレジンの混合材料です。

そのため、セラミックと樹脂の長所を合わせ持ちます。

純セラミックに比べ、樹脂が含まれることでしなりが生まれます。

そのため、セラミックに比べて割れにくいこともあります。

 

ところが、直接法でのコンポジットレジンはお口の中で重合(固める)作業を行いますが、

樹脂を完全に重合させることができず未重合レジンが残存します。

(ホットケーキでいう生焼け状態です)

 

この未重合部分が残存することにより強度が下がったり、変色しやすい原因となります。

 

そのため、直接歯と歯がかみ合う咬場所にはコンポジットレジン充填はあまり選択されません。

直接咬合力がかからない部位には適している治療方法と言えます。

 

 

セメント充填

歯科用のセメント(粉と液を混ぜて固まるもの)をむし歯を除去した穴に詰める方法です。

歯科用のセメントは用途により多くの製品がありますが、むし歯などの修復治療に使われるものはグラスアイオノマーセメントにほぼ限定されます。

 

長所として

接着操作が不要なので、処置が簡便

フッ素を含むのでむし歯予防効果が期待できる

 

ということがあげられます。

セメント自体に歯とくっつく性質がありますので、CR充填とは異なり接着操作が不要です。

(ただし、接着力は低い)

また、フッ素を含有しているのでむし歯の予防効果も期待できます。

 

強度が低い

接着力が低い

ということがあげられます。

 

そのため、乳歯の治療や応急的な治療によく用いられる治療方法です。

 

CR充填、セメント充填のどちらも直接お口のなかで修復作業を行います。

また、材料自体の強度の問題もあり大きな穴を埋めたり、被せ物(クラウン)を作成することはできません。

 

このような場合は間接法による修復を行います。

 

 

 

 

 

クリンチェック解説③ 矯正の後戻りケース

2020年03月26日

クリンチェック解説③

25歳女性 矯正後戻りケース

 

インビザラインGOのクリンチェック解説です。

今回は以前に矯正治療を行っていた患者さんの後戻りケースについて解説します。

 

矯正治療後は必ず保定という歯を動かないように固定する必要があります。

特に矯正治療が終了した直後はすぐに歯が元の位置に戻ろうと動いていきます。

 

歯並びが悪くなる原因として

 

①先天性の原因(生まれつき)

 

②後天性の原因

 

の原因に分けられます。

 

歯列不正の先天性原因

 

・骨格

・歯の大きさ

・歯の数

 

などがあげられます。

 

これらは生まれつき決まっています。

 

 

先天性の原因による歯列不正を改善するため、

歯を抜いたり、歯を削るなどを行い、アーチレングスディスクレパンシーを改善し歯並びを改善していきます。

 

アーチレングスディスクレパンシーとは?

 

歯列弓(顎の大きさ)と歯の大きさの不調和のこと

歯列弓の方が大きい場合はいわゆるすきっ歯に、歯の大きさが大きい場合は叢生(ガタガタ)になる。

 

 

歯列不正の後天性原因

歯並びは顎の大きさを歯の大きさだけに影響を受けるわけではありません。

舌や唇、口の周囲の筋肉の影響を大きく受けます。

さらには姿勢や態癖も歯並びに影響します。

 

歯は筋肉の力のバランスがとれている所に並んでいきます。

舌は歯を前へ押し出そうとします。

一方で、唇は歯を内側に押し込めようとします。

 

舌と唇の力のバランスがとれているところに歯は安定します。

 

 

 

習癖も歯並びに影響を与えます。

指しゃぶりをしていると出っ歯になりやすいと聞いたことがあるかもしれません。

指をしゃぶる癖があると、上の前歯は前方へ押し出されていきます。

舌を突き出す癖があると歯は前に出ていきます。

舌唇を噛む癖があると、上の前歯は前へ押し出せれ、下の前歯は後ろへ押し込まれていきます。

 

 

態癖も歯並びに影響を与えます。

頬杖を突く癖があると、顎や歯列に力が加わり徐々に歯列が歪んでいきます。

 

このように歯並びに影響を与える因子は多く、これらを改善しなければ歯並びは悪くなります。

矯正治療が終わっても後天性の原因を改善しなければ歯並びは徐々に元に戻っていきます。

 

そのため、保定を行い後戻りを防ぎながら歯列不正の後天性原因を改善していく必要があります。

 

 

前置きが長くなりましたが、こちらは以前に矯正をされておられて後戻りをした患者様のケースです。

 

初診時の口腔内写真

 

 

 

下顎の前歯に捻転(ねじれ)が見られます。

 

 

 

 

矯正の後戻りケースの再矯正治療にはインビザラインGOは有効です。

 

以前に矯正治療をされているので、歯並びが悪くなる原因のアーチレングスディスクレパンシーがある程度解消されているためです。

 

しかしながら本ケースでは捻転の程度が大きいため、下顎の叢生治療の難易度は困難と考えれます。

 

ケースアセスメント

 

 

下顎の側切歯(前から2本目)の捻転が大きく、ケースアセスメントでは予想通り困難と判定されました。

 

それではクリンチェックで術後の矯正結果を見ていきます。

 

クリンチェック

 

 

ケースアセスメントでは下顎の叢生治療は困難と判定されましたが、

クリンチェックでは良好な矯正治療の結果が得られることがわかりました。

このように、ケースアセスメントでは困難と判定されても実際にはインビザラインGOで矯正治療が可能なケースは多いです。

しかしながら、下顎の捻転を治すには20ステージの矯正期間が必要となりました。

このように、捻転の矯正治療は叢生にくらべて治療期間が長くなる傾向があります。

 

 

これ以上後戻りをしていればインビザラインGOでの矯正治療は困難となり、ワイヤーでの矯正かインビザラインフルでの矯正治療が必要になるところでした。

そうなると治療期間が長くなるや矯正費用も高くなってしまいます。

 

矯正の後戻りケースではなるべく早めに再矯正を受けられることが望ましいですね。

 

「無料」矯正オンライン相談へのご案内

矯正治療に関する無料オンライン相談を設けています。治療の強要などは致しませんので安心してご相談ください。

電話番号

〒709-4603 岡山県津山市中北下1269-9
GoogleMapで確認

  • 24時間web予約
  • 矯正相談予約
  • facebook
  • insta

このページの先頭に戻る