虫歯治療

痛み」を抑え
歯の寿命」を延ばし
再発」を防ぐ

是非、体感してください。

可能な限り「痛みを抑えた」歯科治療

歯医者=痛い」というのが皆さんのイメージです。
しかし、技術も進歩し、麻酔時・治療時の痛みを最小限に抑えることができるようになっています。当院では、次のようなステップを踏んで痛みを抑えた治療を行っています。

STEP1「表面麻酔」を使用

表面麻酔

麻酔をする場合、麻酔注射の痛みが存在します。
注射時の痛みを軽減させるため、針を入れる部分に表面麻酔することで注射時の痛みを軽減させます。

STEP2「極細の針」を使用

針

麻酔針は細ければ細いほど、痛みが少なくなります。
当院では、現在利用できる針の中で最も細い針を使用しています。

STEP3「電動麻酔注射」の利用

電動

麻酔を注入するスピードが速いと、細胞が膨張し、痛みの原因となります。注入スピードを電動制御することで、痛みを軽減します。

可能な限り「削る量を最小限にした」虫歯治療

ご存知ですか?

歯は削れば削るほど、その「寿命」は短くなります。

一方で、歯を削る量が少ないと歯や修復物が割れてしまいます。
そのため、適切な量の歯を削る必要があります。近年ではMI(ミニマル・インターベーション)が提唱され、できるだけ歯を削らないのが世界的な流れです。
このMIとはやみくもに歯を削る量を少なくするということではありません。
エビデンス(科学的根拠)に基づいて最適かつ最小の量で歯を削ることです。

当院のこだわりをお伝えします。

こだわり1.日本歯科保存学会「専門医」が担当

当院のドクターは歯科医師の上位資格である「日本歯科保存学会専門医」を保有しています。この資格は「歯を残す治療に長けた歯科医師」に与えられる資格です。

  • 院長
  • 認定証

先ほどお伝えしましたが、歯を削れば削るほど歯の寿命は短くなります
また、削る量が不足すると歯や修復物の強度が下がります。
つまり、削る歯もなくなり、最終的には抜歯の運命をたどります。

削る量をいかに最適にするかが、歯の寿命を延ばすためには大切です。担当ドクターはどのようにすれば削る量を適切にし、かつ、虫歯が再発しにくい環境を整えられるかを高いレベルで把握していますので、安心して治療に臨んでいただけたらと思います。

こだわり2.視野を何倍にも拡大してくれる「高倍率ルーペ」

ルーペ

高倍率ルーペを利用することで、肉眼の何倍もの視野を獲得できます。
より精密な治療が可能になり、歯を削る際も最小限に抑えられます。

こだわり3.コンポジットレジンの活用

詰め物・被せ物をしっかり安定させるためには、歯を大きく削る必要があります。
しかし、適応症例は限定されますが、コンポジットレジンという素材を利用することで、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

レジン

その理由はこの素材が「ゲル状」だからです。

被せ物等はすでに形が決まっているため、その形に合わせて健康な歯も余分に削る必要がありますが、コンポジットレジンは歯の形に合わせて自在に形が変わるため、健康な歯を無駄に削る必要はがありません。

その他、この素材は「再発を防ぐ」という特徴も持ち合わせています。

歯を削って被せ物をすると、どうしても歯と人工物の間に隙間が生じ、そこから虫歯菌等が入り込み、再治療になってしまう可能性が高まります。しかし、コンポジットレジンは「ゲル状」なので、この隙間を生じさせずに治療できます。そのため再治療の可能性を大幅に少なくすることができます。

ただし、コンポジットレジンは金属やセラミックに比べて強度に劣るため、症例に応じて適切な修復方法を選ぶ必要があります。

「歯の神経を守る」治療

MTA

歯の神経を除去するとどうなるでしょうか?

歯の神経は歯に栄養を供給する役割を持っているため、その神経がなくなると、歯は枯れ木のようにもろくなります。

ゆえに、極力、歯の神経を除去しない治療が望まれます。

専門的な話になってしまうので詳細は割愛しますが、通常、歯の神経を除去しなければならなかったケースであっても、「MTAセメントベースセメント」という材料を利用することで歯の神経を残しながら治療をすることができるようになりました。

可能な限り「抜歯を回避する」治療

虫歯が過度に進行すると抜歯を迫られることがあります。
しかし、「エクストリュージョン」という方法で抜歯せずに治療できるケースがあります。

エクストリュージョンとは「矯正治療」の1つですが、虫歯になった歯を上方に移動させ、被せ物ができる環境を整える治療法です。

  • エクストリュージョン1
  • エクストリュージョン2
  • エクストリュージョン3

この治療法を行っている医院は多くありません。そのため、抜歯を回避できるケースであっても抜歯を宣告されることもあります。

すべてのケースで対応できるわけではありませんが、可能な限り抜歯を回避したいと思われている方、一度、当院にご相談ください。

一度治療した歯を「再発させない」取り組み

2ショット

虫歯になりやすい人なりにくい人、がいるのはご存知ですか?

しっかり歯磨きしているのに虫歯になってしまう……
甘いものを食べていないのに虫歯になってしまう……

もしくは、
ほとんど歯のケアをしないのに虫歯になったことがない。
甘いものが好きなのに虫歯にならない。

このように、人によって虫歯のなりやすさは異なりますし、それに応じてお口のケアの仕方も変わってきます。

当院では、ご自身の虫歯リスクを科学的に評価し、オリジナルの予防プログラムを立案実行していきます。
詳細は歯のメンテナンスをご参照ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。

電話番号

〒709-4603 岡山県津山市中北下1269-9
GoogleMapで確認

  • 24時間web予約
  • 矯正相談予約
  • facebook
  • insta

このページの先頭に戻る